コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 15

TURN 15 C の 世界

今回のタイトルでかなり期待していました。「Cの世界」には果たして誰がいるのか?

アーカーシャの剣で皇帝と対峙するルルーシュ。
多くの鏡を使ってギアスを反射させて皇帝に「お前は死ね!」ギアスをかけるが・・・
皇帝は既に不死の力をVVから得ていた。
VVはコードを皇帝に取られて、CCに見守られて血だらけで息を引き取ったようだ。
そして、VVと皇帝シャルルの幼い頃の誓いが回想される「僕たちだけは嘘をつかない・・・」
先週、シャルルが言った「また、兄さんが嘘をついた・・・」VVがどんな嘘を言ったのか?「また」とは?以前にも何か重大な嘘をシャルルに言ったのか?それがマリアンヌの暗殺と関わっているのか?
VVの嘘を許せないからコードを奪ったのか?それともVVが自らコードを差し出したのか?
CCの発言からすると、シャルルがコードを奪ったようにも解釈できますが、疑問符だらけですw

皇帝とルルーシュは、内面世界のような場所にきている。そこにCCが来るが、CCはルルーシュにはもう用済みだと言う。
CCの願いは「不死を終わりにすること」ギアスの果てにコードを受け継ぎ能力者を殺す事が出来るという・・・
そして、CCはシャルルによって願いを叶えようとして、ルルーシュを自分の記憶世界へと送る。
CCの記憶の世界が「Cの世界」ということか?
CCの記憶世界では、CCがギアス能力者と契約することになった経緯と発現した「愛されるギアス」をルルーシュに語っている。
CCはコードを受け継がされるために信頼していた能力者に裏切られ、不死をおしつけられてしまったようだ。この描写は一期のエンディングにありました。

戻ってきたルルーシュは、シャルルによって殺されそうになっているCCに向って叫ぶ「そいつはオレの・・・そんな顔で死ぬな・・・おれが笑わせてやる!」その言葉にCCは応える。ルルーシュは蜃気楼でアーカーシャの剣を攻撃する・・・
助け出したCCはギアスの契約前の状態になってしまっているようだった


スザクは、カレンにルルーシュ=ゼロであることを聞き出すためにリフレインを使おうとするも、相手の意志にそぐわないで服従させる事はゼロと同じ事をしていると考えたのか、カレンにリフレインを使うのをやめる。アッシュフォード学園でルルーシュ=ゼロであることの確証をえるために来たが、機密情報局員はギアスにかかっている事に気づき、ルルーシュが記憶を取り戻した事を知る。

中華連邦では、ヴィレッタと扇が密会してるが、ヴィレッタは扇を撃つ気満々できてますが・・・
扇は咲世子とヴィレッタの戦闘に巻き込まれ、ヴィレッタにかばわれて河に転落する。ここでもどちらかの記憶が欠落するのか?


ナナリーは行政にも毅然とした態度を見せる。
ルルーシュの記憶が戻ったら、ナナリーは皇帝の元に送られる事になっていたようだ。
スザクは、ナナリーに以前の電話の相手を問いつめられる。スザクも「ナナリーにだけは嘘をつかないよ」と誓っているのだが、まさに嘘をつかなければいけない状況に陥ってしまっている。そしてナナリーはルルーシュが何か隠している事を気づいている様子。

シュナイゼルはニーナの研究成果の実験をみて、なにか企んでいる様子。

| Tb (0) | コードギアス反逆のルルーシュR2感想,ゲームその他情報: ▲

コードギアス R2 TURN 15 予告

コードギアス 反逆のルルーシュR2の15話予告ですが、予告映像には動きがまったくない。

タイトルが「Cの世界」ということなので、少しはコードギアスの謎の1部に迫る事ができるのか?

そしてCの世界にはだれがいるのか?
CCが「先にCの世界で待っていろ」と言ったマオがいるのか?

皇帝が話をしていたクロヴィスもいるのか?

VVもこだわるマリアンヌが居るのか?

ナレーションではルルーシュのギアスで皇帝をしもべとする事・・・と、まぁそれが一番いいんでしょうけど。ギアスキャンセラーのジェレミアがいますからね。VVは裏切ったけど、皇帝までは裏切れるのか?

今回の冒頭でCCのナレーションが気になる部分もあります。
「あまたの欲と感情のうねりがあることを・・・・」
そこに映し出される、シュナイゼルとランドオブワン、ヴィレッタなど。
ルルーシュはもう一つの敵とたたかわなければならない・・・

このナレーションの意味するところもかなりきになります。
確かにロロの感情のうねりがシャーリーに手をかけてしまった。

| Tb (0) | コードギアス反逆のルルーシュR2感想,ゲームその他情報: ▲

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 14

TURN 14 ギアス 狩り

過去のマリアンヌとCCが冒頭に少し出てくる。河原で乗馬の小休憩している後では、皇帝になったばかりのシャルルとVV、ここで皇帝とVVとの契約の詳細が明かされた。

「神を殺し、世界の嘘を壊そう・・・」言葉としては目的と行動がはっきりとなったもののいまだ抽象的で世界にある嘘がなんなのか?神が誰(何)を示しているのかがよくわからない構図です。

そしてロロがやっちまった過ち、シャーリーに手を下した事。記憶の戻ったシャーリーをルルーシュのためにやったと言う・・・
「よくやっってくれた・・・ロロ・・・」と平静を装っているが、怒りはMAXのようです。

ギアス嚮団では囚われたコーネリアにVVが兄弟愛について持論を展開。

エリア11ではシャーリーの葬儀が行われている。

中華連邦の蓬莱島ではCCがまたマリアンヌ?とCの世界で会話中の様子。
「それよりも、おまえこそどうするつもりだ?いつまでも・・・」このCCのセリフが非常に気になります。
「いつまでもCの世界にいるわけにもいかないだろう?」こんな風に続くのか?

そして、CCとルルーシュの契約は・・・ルルーシュもまだ知らされていない??
ええええぇぇぇ~そ、そんな当人は契約内容も知らされず、ギアスの力を手に入れるための契約をかわしていたのか??

ギアス嚮団を強襲した黒の騎士団、研究員もろとも虐殺。
バトレーはCCをクロヴィスの命令で皇帝に献上する算段だったらしい。そして本音がでたのか「あんな女関わらなければ良かった・・・」

ヴィレッタは扇に会いに行こうとしている。何が目的か?まさか好意で会いに行くとも思えない。
ヴィレッタはルルーシュ側についていた方が良いとおもうのだが・・・

VVはジークフリートで出撃してくる。
ジェレミアの裏切りもマリアンヌが理由と知るVVは逆上ぎみです。
マリアンヌの存在がかなり大きい事を感じられる。
ルルーシュはロロもろともVVを爆破するつもりだった。
コーネリアとルルーシュの姉弟攻撃でジークフリートを破壊、嚮団地下層には皇帝が姿を現す。そして「兄さんがまた嘘をついた」とVVを批判するような言葉。

ルルーシュはアーカーシャの剣に移動させられていた。

予告にでていた椅子に座っていた女性はカレンでした。ナナリーと会話しているところに、スザクが来てシャーリーが死んだ事を告げる。
犯人はルルーシュだと決めつけるスザク、ゼロがルルーシュであることを聞き出すためリフレインを使おうとする・・・

手段を選んでいる余裕はないといってもかつてのクラスメイトを薬漬けにするつもりか?

| Tb (0) | コードギアス反逆のルルーシュR2感想,ゲームその他情報: ▲

コードギアス R2 TURN 14 予告

コーネリアはどうやら囚われてしまったのか?

ギアス嚮団の施設らしきところで、ナイトメアが戦闘しているような描写ですが、CCとジェレミアの対峙があるのでしょうか?

そして椅子に座ってドレスを着ている女性・・・一体誰か?

カレンか?
皇帝のギアスにかかってしまったのか?

ニーナ?
シュナイゼルにうまくとりいったのか?

ミレイか?
やっぱりロイドと復縁か?

カレンが皇帝のギアスにかかり、ブリタニアでゼロのことや黒の騎士団の事の記憶を消され、皇帝の側にいる・・・
なんて設定もありかも。
そしてルルーシュはいつものセリフ「おれから何もかも奪っていくのか!」と・・・


VVとロロについても、もう少し踏み込んだ話がでるのでしょうか?

ナナリーらしき人物も誰かとあっているような感じもしますが。

そしてやっぱり気になるジェレミア。
あっさりルルーシュ側につくとは今までの発言からそうは思えないのだがもう一波乱ありそうですが。

| Tb (0) | コードギアス反逆のルルーシュR2感想,ゲームその他情報: ▲

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 13

TURN 13 過去 から の 刺客

今回からオープニングとエンディングが変わりました。

それもですが、本編は大変な事に。。。

ジェレミアにそんな設定あったとは・・・そしてシャーリーが!こんな展開ありですか??
ロロがやっちまったなぁ??

中華連邦はどうやら平定にむかって順調のようです、病弱シンクーの病状はどうやら回復?のようです。

シャーリーは本当の記憶を取り戻してかなり混乱している様子。
ナナリーのエリア11の総督にも疑問を感じている・・・

ジェレミアは学園に迫ってきていた、ヴィレッタはロロに質問する「お前は嚮団の刺客なのになぜ裏切った・・・」ちょっといらつくロロここも伏線ですか?

ジェレミアは咲世子と対決。
咲世子は強いです!咲世子にもこんな設定があったとは・・・
ロロのギアスもジェレミアのギアスキャンセラーで破られる状態。

ヴィレッタがルルーシュの居場所をジェレミアに告げる。ロロのいらつきは限界に近いのか?
ヴィレッタは学園でジェレミアをとらえるのは不可能と読んだのでしょうか、池袋でジェレミアを挟み撃ちするべくルルーシュに連絡させる。かなりの常識人です。ヴィレッタは

コーネリアは嚮団施設か本部らしきところでVVと対面する。すでに神は亡き者にされてしまっているようです。

そして池袋でシャーリーとルルーシュとスザク。
シャーリーは二人が助ける事が前提のように高台から落ちそうになる。
もちろんスザクとルルーシュはシャーリーを助けるが・・・

スザクはシャーリーに「ルルーシュを許せない・・・」とシャーリーは「許せないのではなく許したくない・・・私はとっくにゆるしているわ・・・・」シャーリー、なんて健気な人なんだ。

ルルーシュはジェレミアを迎え撃つ準備があるようです。
ゲヒオンディスターバーがジェレミアの弱点だったのか?サクラダイトを使っていたんですね。
そして、ジェレミアはルルーシュが皇帝の子供である事をしっている、それならマリアンヌの子供でもある事を知っていても良さそうですが、ルルーシュがマリアンヌの子供であることを確認するためにやってきたと言う・・・・
これは、ジェレミアを信用するところか微妙な所です、ルルーシュの懐に入り込むための策略か?
ルルーシュはジェレミアを信用したようだが・・・VVまたは皇帝の策略だとしても、ルルーシュは一応それさえも自分を有利にするための駒として、ジェレミアを受け入れたのか?何と言ってもジェレミアにはギアスキャンセラーがありますから・・・。このギアスキャンセラーが今後どう話の展開に絡んでくるのか楽しみです。

そして、シャーリーはロロと池袋で鉢合うが、ここで言ってしまった「ナナちゃんだって・・・」今のロロに口に出してはいけない名前だったのに・・・ロロのいらつきは頂点に達したのか?

ルルーシュはシャーリーの血まみれの姿を目にする・・・
「死ぬな!シャーリー!!」とギアスを使うがシャーリーは・・・

ルルーシュよ間違っているぞ! ギアスの使い方を、CCも言っていたのに、ロロに使っておくべきだったでしょうよ・・・

| Tb (0) | コードギアス反逆のルルーシュR2感想,ゲームその他情報: ▲