トップページ >010コードギアスR2本編感想 > 【3】TURN10~15> コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 13

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 13

TURN 13 過去 から の 刺客

今回からオープニングとエンディングが変わりました。

それもですが、本編は大変な事に。。。

ジェレミアにそんな設定あったとは・・・そしてシャーリーが!こんな展開ありですか??
ロロがやっちまったなぁ??

中華連邦はどうやら平定にむかって順調のようです、病弱シンクーの病状はどうやら回復?のようです。

シャーリーは本当の記憶を取り戻してかなり混乱している様子。
ナナリーのエリア11の総督にも疑問を感じている・・・

ジェレミアは学園に迫ってきていた、ヴィレッタはロロに質問する「お前は嚮団の刺客なのになぜ裏切った・・・」ちょっといらつくロロここも伏線ですか?

ジェレミアは咲世子と対決。
咲世子は強いです!咲世子にもこんな設定があったとは・・・
ロロのギアスもジェレミアのギアスキャンセラーで破られる状態。

ヴィレッタがルルーシュの居場所をジェレミアに告げる。ロロのいらつきは限界に近いのか?
ヴィレッタは学園でジェレミアをとらえるのは不可能と読んだのでしょうか、池袋でジェレミアを挟み撃ちするべくルルーシュに連絡させる。かなりの常識人です。ヴィレッタは

コーネリアは嚮団施設か本部らしきところでVVと対面する。すでに神は亡き者にされてしまっているようです。

そして池袋でシャーリーとルルーシュとスザク。
シャーリーは二人が助ける事が前提のように高台から落ちそうになる。
もちろんスザクとルルーシュはシャーリーを助けるが・・・

スザクはシャーリーに「ルルーシュを許せない・・・」とシャーリーは「許せないのではなく許したくない・・・私はとっくにゆるしているわ・・・・」シャーリー、なんて健気な人なんだ。

ルルーシュはジェレミアを迎え撃つ準備があるようです。
ゲヒオンディスターバーがジェレミアの弱点だったのか?サクラダイトを使っていたんですね。
そして、ジェレミアはルルーシュが皇帝の子供である事をしっている、それならマリアンヌの子供でもある事を知っていても良さそうですが、ルルーシュがマリアンヌの子供であることを確認するためにやってきたと言う・・・・
これは、ジェレミアを信用するところか微妙な所です、ルルーシュの懐に入り込むための策略か?
ルルーシュはジェレミアを信用したようだが・・・VVまたは皇帝の策略だとしても、ルルーシュは一応それさえも自分を有利にするための駒として、ジェレミアを受け入れたのか?何と言ってもジェレミアにはギアスキャンセラーがありますから・・・。このギアスキャンセラーが今後どう話の展開に絡んでくるのか楽しみです。

そして、シャーリーはロロと池袋で鉢合うが、ここで言ってしまった「ナナちゃんだって・・・」今のロロに口に出してはいけない名前だったのに・・・ロロのいらつきは頂点に達したのか?

ルルーシュはシャーリーの血まみれの姿を目にする・・・
「死ぬな!シャーリー!!」とギアスを使うがシャーリーは・・・

ルルーシュよ間違っているぞ! ギアスの使い方を、CCも言っていたのに、ロロに使っておくべきだったでしょうよ・・・

| Tb (0) | コードギアス反逆のルルーシュR2感想,ゲームその他情報: ▲

trackbacks

trackbackURL: