トップページ >ホールインワン> 235yショット別横ずれ対策

235yショット別横ずれ対策

235y前後が一番説明しやすいので、Ise Spa2hを例に説明します。

トマホークの横ずれは235y前後で横風1mに対して0,65マスずれるのはわかっていただけたでしょうか?

そこで、ショット別横ずれを解説していきます。

まず、トマホークは普通のショットよりも風の影響を受けにくいのは、ご存じかと思います。
普通のショットの60%弱程度しか、風の影響を受けない事になります。ですから、多少計算や目論見から誤差があっても、風の影響が少ない分カップインしやすいかと思います。

Ise Spa2hはグリーン傾斜がほとんどないため、パワーバックスピン、コブラでもHIO、ホールインワンしやすいんです。わたしは大会では、2hはBSで狙っていきます。

バックスピンからですが、1wで254yないときついです。
239yカップ位置で99%(縦風分は要調整)
236yカップ位置で98%(縦風分は要調整)
232yカップ位置で97%(縦風分は要調整)

横ずれですが、横風1mに対して1.2マスで行けるはずです。
232カップだけは1,1マスで計算したほうがいいです。


コブラはパワーショット1w264yで239yカップ位置で90%くらいです。(縦風分は要調整)
横ずれは1m対して1マスでいけます。

パンヤ簡単攻略【スカッとゴルフパンヤ】オンラインゲーム ▲

trackbacks

trackbackURL:

comments

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)